マレーシアに来てすぐの頃は明るいうちから飲む事にすごく罪悪感があった

最近になって、またバルコニーでビールを飲み始めた

マレーシアにやってきてしばらくしたら始めた。

クアラルンプールで最初に暮らしたコンドには、バルコニーにちょっとリゾート風のテーブルとイスが置いてあった。

そこで5時になると、ツマミを並べてキンキンに冷やしたビールを飲むのがとても幸せだった。

そこから眺める景色は絵に描いたような南国そのもの。
毎日そこで「ああ、マレーシアに来たんだなあ」と感慨に耽っていた。

マレーシアでは5時はまだまだ明るい、真っ昼間だ。
7時を過ぎてやっと暗くなっていく。

その頃は、まだ身体がサラリーマン生活に冒されていて。
明るいうちから飲む事に、とても罪悪感を感じていたのを覚えている。

今はもう昼から飲む事に全く罪悪感はない(笑)

逆に5時まで待つのが大変だ。
スマホにアラームをセットしている。

5時になると高らかに進軍ラッパがなる。
待ちに待った解禁の時間だ。

今日からツマミも再開した。
近所のホーカーでローストチキンを買ってきた。

そいつをつまみながらキンキンに冷やしたビールを飲む。
いやいや、やっぱり最高だわ。

でも目の前に広がる南国の風景にはもうあまり感動しなくなった。
それがちょっと寂しいかな。

もうマレーシアでの生活が非日常ではなくなったのだろう。

↓ポチッ(クリック)して応援して下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
このブログに1票!

@メルバレー
やれやれをフォローする
年金で暮らせるって言うからやってきたぞマレーシアpart3
タイトルとURLをコピーしました