いよいよ公団に引越し、仲間はカミさんが来ないと思ってる

昨日はひどい目にあった

と言っても自業自得以外の何ものでもないんだけど。
ブログを読んだらタクシーで帰って来たと書いてあった。

一緒に飲んでた友人に今日その話をしたら。
よく覚えているなと感心された。

いや覚えていた訳じゃないけど、、、それ以上は言わなかった。

朝起きて元気だったらまた書くなんて書いたけど。
ずっと倒れたまま、リハビリな一日を過ごした。

昔、クアラルンプールで近所に暮らしていた仲間4人と会っていた。

「お鍋の会」と称して良く飲んでいた。
もう5-6年も前の話だけど。

私だけが1人暮らしだったので、私の部屋に男ばかりが集まって飲んでいた。
日頃の鬱憤を晴らすためだったので、毎回倒れるまで飲んでいた。

みんな違うコンドに住んでいたので、解散してからが大変だった。

一番遠い友人のコンドでも歩いて15分程度だったけど。
とても歩いて帰れるような状況じゃなかった。

タクシーを呼んで各コンドを巡回してもらった(笑)。
なので、彼らと一緒に飲むと、ついつい倒れるほど飲んでしまう。

来週いよいよURへの引越しが始まる

「始まる」と言っても、私の荷物はスーツケース一つだからその日に終わってしまう。
ただ引越し先に寝具はないのですぐには泊れない。

引越当日に届くように手配はしてあるけど、何があるか分からない。
3日間だけダブらせている。

マレーシアで暮らしていると、予定通りに荷物が届くなんてあり得ない。
そのまま届かないことだってある。

まあ日本だから3日も余裕を見ておけば大丈夫かなと。

引越したら「お鍋の会」をやろうと言う

「いやいや、今度はカミさんも一緒だから」と言ったら。
みんなニヤニヤ笑ってる。

「ホントに来るの?」と冷めた目で見る。
仲間はみんなカミさんは引越して来ないと思っている。

↓ポチッ(クリック)して応援して下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
このブログに1票!

東京の新居への引越し日々の暮らし@日本
やれやれをフォローする
年金で暮らせるって言うからやってきたぞマレーシアpart3
タイトルとURLをコピーしました