今日から11日間、日本一時帰国まで秒刻みの日々が始まった。

毎日の暮らし@メルバレー

さあ、恐ろしく忙しい「引越し週間」が始まった。

「月火」はイポーの新居に運び込んだ荷物の片付け。

今日も朝から一心不乱に片付けた。
明日中に終わるかなあ?

水曜日にクアラルンプールに行って、「水木」で最後の荷物の梱包と部屋の片付けと掃除。
金曜日にイポーに向かう仲間が荷物の運搬を手伝ってくれる。

部屋に何もなくなった状態で、昼からエイジェント&オーナーの立ち合い、明渡し。

これで10年間暮らしたタマンデサにもお別れだ。

前にも書いたけど、「タマンデサ」にはブログを読んでやって来た。
そのブログにも書いてあった通り、いいところだった。

徒歩でだいたいの用事が片付くので、車がなくても暮らせて初心者には便利だった。
それにたくさんの日本人仲間がいて、ワイワイガヤガヤと楽しく暮らせた。

男連中だけで集まって飲んで騒いだ「お鍋の会」が懐かしい。

「ありがとうタマンデサ!」って感じかな。
多分これからもしょっちゅう来るだろうけど(笑)。

いよいよ最後の荷物を持って一路イポーへ。

仲間と合流。
すぐに「イポー暮らしおしまい前夜祭」のド宴会だろう。

「土日」は仲間と最後のイポー暮らし。
「最後くらいはイポー観光でもしようよ」という話はしてもきっと無駄だろう。

最後だからこそゴルフだろうなあ。
2プレイしようなんて言い出さなきゃいいけど。

日曜日の昼からは部屋をきれいに片付けて。
月曜日にエイジェントの立ち合い、明渡し。

これにて仲間との「イポーわいわい共同暮らし」はおしまい。
「火水」でPCR検査と厚労省指定の陰性証明書を貰いに行きつつ日本行きの準備。

PCR検査が陰性だったら、木曜日には日本に向けて出発(のはず)。

どうしてこんなに忙しい話になってしまったのか。
酔って早めのチケットを取ってしまったからに他ならない。

そしたら今度はカミさんとマレーシアに戻るスケジュールでもめ始めた。
一難去ってまた一難かな。

タイトルとURLをコピーしました